症状 | 体の異変や症状に気づいたら、症状を放っておかずに治療を

症状

のぼせ・ほてり

更年期障害の症状は個人差があると言われています。
全く感じなかったと言う人や、症状が重く、日常生活に支障があるほどだという人も多いです。
特に多く報告される更年期障害の症状はのぼせ、ほてりといったものです。
冬の寒い日で、特に暖房を強くしている訳ではないのに服が汗でびっしょりだった、または急に顔がほてりだして汗が滝のように流れる、といった症状が良く聞かれる症状です。
更年期障害の症状は、時間やタイミングを問わす様々な時に出現するものですが、特に夜や朝起きた時に感じるといった報告が多いです。
また、考え事や悩み事について思い出していると汗がどっと出るという人もいます。

冷え性

女性は特に冷え性だという人が多いです。
手先、足先がまるで凍ってしまったかのように冷たくなってしまう、夏でも触ると体が冷たいという人も多いです。
更年期障害の症状として挙げられる冷え症ですが、元々冷え性だと言う人の場合は、その症状がより重く感じるものだと言われています。
更年期障害の症状として挙げられるほてりと冷え性が同時に起こる人もおり、手足は冷たくなっていても、顔がほてって顔だけ汗をかいているという場合もあります。

疲労倦怠感

更年期障害はホルモンバランスの乱れから自律神経のバランスを崩すために起こる症状です。
また、自律神経だけでなく、体への影響が代謝機能にまで及ぶ人もいます。
代謝機能が低下し、エネルギーを生産する能力が劣っていく事から、疲れが取れにくく、また無気力になるという精神的な症状も出てきます。
周りの人から見ると単に怠けている、と捉える事もありますが、これは心の問題ではなく、体調からくる問題なのです。
症状が酷いようなら、治療して症状の改善を図る事も出来ます。

ページのトップへ戻る