治療 | 体の異変や症状に気づいたら、症状を放っておかずに治療を

治療

ホルモン補充療法

更年期障害は治療する事が出来ます。
症状が重く、日常生活に支障をきたすようならば、治療するのが自分自身の為に最も良い方法だと言えます。

漢方薬

ホルモン補充療法とはアルファベットの頭文字をとって「HRT」とも呼ばれます。
ホルモン補充療法は加齢と共に減少した女性ホルモンの補充を行う事で治療をするものです。
減少したエストロゲンと呼ばれる女性ホルモン、または黄体ホルモンのプロゲステロンを一緒に服用する事で症状を改善していきます。
これらの薬は保険適用なので、自己負担も少なく、更年期障害の治療法としては人気のある方法です。
ホルモン補充療法が特に効果を表す症状として、のぼせやほてり、また動悸や知覚異常などの自律神経が関わる症状が挙げられます。
また、更年期障害の治療以外にも良い効果があります。
それは、悪玉コレステロールの減少を促し、脂質異常を改善する効果です。
その他不眠症の改善やお肌のハリと潤いを取り戻す効果もある事が報告されています。

抗うつ薬・抗不安薬

漢方薬も更年期障害の治療に役立ちます。
東洋医学で古くから利用されてきた漢方は、ゆっくりと体に働き、その症状を穏やかにしていきます。
自己で購入する他、漢方薬を処方出来る病院で処方してもらう事も可能です。

うつに似た症状や不安感があるといった精神的な症状も更年期障害ではよく報告されています。
ホルモン補充療法がなかなか聞かない場合はこれらの抗鬱薬や抗不安薬が利用されています。

ページのトップへ戻る